FCP-50i

品質のばらつきがなくなり、高品質且つ調整時間短縮につながった

COMPANY PROFILE

会社名
有限会社森板金製作所
所在地
山口県
担当者名
森取締役 齊藤課長
事業内容
精密板金加工
サイトURL
http://www.moriban.co.jp/

Q1.どのような課題を解決されるためにFCP50iを導入されましたか?
A1.かしめ作業を行う製品が増産されたためです。2011年に導入した油圧式のFCP5000では、アルミ製品に金型の圧痕が付くことが課題であった。

Q2.導入後、どのような変化がありましたか?
A2.加工条件を登録する機能により、大幅に段取り時間が削減された。アルミ製品についていた金型の痕は、ハイブリッド方式による下死点精度の向上と均一な加圧力により、圧痕がない製作ができるようになった。

Q3.サポート体制は如何ですか?
A3.ファブエースの機械は、20年前に購入したジョイントバラシ機を皮切りにバリ取り機MFDB610、カシメ機FCP5000を導入していたが、特に不満はない。FCP50iは2台所有しているが、修理でサービスマンを呼んだことはない。

Q4.今後期待されることはありますか?
A4.施工するファスナーの種類も多いので、自動でファスナーを呼び出し、指定した数量を仕分けする装置があるといいと思う。

写真左:森取締役 右:齊藤課長