FCP-50i

圧入作業時の打ち忘れや穴ズレ(芯ずれ)不良防止を目的に導入

COMPANY PROFILE

会社名
株式会社高島製作所
所在地
神奈川県
担当者名
代表取締役 髙嶌 哲也様
事業内容
精密板金加工、切削機械加工(旋盤、フライス)、 溶接加工、薄物プレス加工、設計製作
サイトURL
https://www.takashima-ss.co.jp/

Q1 導入のきっかけを教えてください。
A1 ケトバシや油圧プレスで圧入作業を行っていましたが、打ち忘れや穴ズレ(芯ずれ)による不良が発生しました。取引先である計測器メーカ様より、圧力を数値で報告することを求められ、導入することにしました。

Q2 導入後、どのような変化がありましたか?
A2 打点数と生産数をカウントするバッチカウンター機能は、液晶画面で視認性が高く、打ち忘れを撲滅することができました。初期設定と毎回の圧入力の差違をモニタリングすることで、ナットの穴ズレも加工時に判定できます。トレーサビリティを提供できる環境と誰でも同じように使用できるカシメ機の導入は、大きな業務改善に貢献しました。

Q3 サポート体制は如何ですか?
A3 導入後、故障はありません。操作方法で分からないときは、電話で問い合わせします。

Q4 今後期待されることはありますか?
A4 機械上部に取り付けているLEDライトが、もう少し見やすいように変更してもらいたい。作業者の姿勢で、光が遮られないように、自由自在なスポットライトを希望します。